2016.08
27

2016-8-21.jpg

jhcの新商品、国産はとむぎほうじ粒。 

ライスパフの様で、かる~い食感。

カリカリしておいしいようで、子供のおやつにもぴったり。

個包装で、持ち運びも簡単。
子どものおやつにぴったりの新商品です!

2016.07
28
レーズンパン

7-28.jpg

レーズンパンだと、ジャムやらバターやらを塗らなくっても
そのまま食べてくれるので、最近作る山食パンは
レーズンパンが多い。

小麦粉の種類を変えて何度か作っているけれど、やっぱり国産の小麦粉で作った方が
ほんのり甘くて、おいしくなるのが不思議。

ちなみに、最近のお気に入りは、はるゆたか100

スタッフ 大森

2016.07
20
まるいの。

7-25.jpg

子どもが「まるいの、まるいのが食べたい」と、何度か言ってきた。

「まるいのってなに?」と聞くと
「えほんにあった」 とのこと。

どうやらドーナツの事で、それなら簡単!
せっかくなので、 豆腐も入れて栄養価アップして、
ふんわりもちもちドーナツ完成。

子どもは一人なのに、つい張り切って40個もできてしまった。

簡単!なのに今まで作ってなかったなぁというおやつ結構あるなぁと思いつつ、 
おやつまで手作りって楽しいけれど毎日となると結構大変だなぁと・・・。

何人も子育てしながら、おやつ手作りしてるお母さんを尊敬。

仕上げの砂糖は控えめに、きなこたっぷりにするのがおススメ。

ちなみに、きなこのおススメは北海道産。

スタッフ 大森

2016.07
09

2016-7-8.jpg

今日のおやつは、冷しぜんざい。

甜菜糖で焚いたあずきに、頂きもののお餅を小さくしてのせて。

子どものおやつに豆はとってもよいし、
大人のむくみにもとってもいい!ので、
この夏、登場回数が増えそうです。

分量
小豆   200g
甜菜糖  80g
お塩  少々

甜菜糖80gは、甘さ控えめです。
小豆のおいしさを感じる量になってます。
甘味が足りない場合は、お好みで増やしてもOK!


作り方はとっても簡単。
小豆を一晩水に浸しておき、
鍋に入れた小豆に、ひたひたより少し多めの水をいれ、
(途中差し水をしながら)柔らかくなるまで煮る。

※小豆が常に水から出ないようにして柔らかくするまで煮る。
※茹でこぼしはしません。

冷やしてから、焼いたお餅を入れる。

冷蔵庫にこれがあると、取っても安心
な一品になりそうです~。

2016.07
05
黒ゴマアイス

2016-7-5.jpg


とあるレシピを見て作ってみた黒ゴマアイス。

黒ゴマペースト 100g
寒天   1g
お湯 50㏄

甜菜糖  大匙4
きなこ   大匙4
塩     一つまみ

豆乳  400㏄

黒ゴマペーストほぼ1瓶使うのか~ 高級だなぁ~
と、思ったのだけど、とりあえずはこのまま作ってみたら、
濃厚~ かなり濃厚。 卵やら生クリームやら入ってないのに
コクのあるごまアイスになりました。


作り方は、

寒天(今回はお湯で溶ける寒天を使用)を50㏄程のお湯(80℃以上)で溶かしておく。

黒ゴマペースト、甜菜糖、きなこ、塩を合わせてよくまぜ、
豆乳で少しずつのばし、 お湯で溶かした寒天を入れる。

鍋に入れて、かき混ぜながら、弱めの中火にかけ、
沸騰直前まで(煮立たせない)温め3分さらにかきまぜ、
粗熱を取り、アイスクリームメーカーに20分かける。

濃厚なので、これ、豆乳さらに100㏄ほどプラスしてもよいかも。

写真撮るとなると、アイスデッシャーがほしいですねぇ~。


スタッフ 大森