2018.04
20
季節はずれのスイートポテト

 穏やかで過ごしやすい季節になりましたね。
(花粉症の私には辛い季節でもありますが、、。)
毎日のようにでかける公園にも、お弁当やサッとたべられるものを持って行って簡単にお昼ごはんを済ませる事も多くなりました。

最近では、おやつ用に作ったスイートポテトの残りをお弁当に入れると息子が大喜びだったので、
季節はずれではあるものの、スイートポテトを冷凍庫にストックしています。

お砂糖の変わりにコンデンスミルクを加えて、クリーミーな甘さでしっとり。
生クリームは使いません。

おいものほっこりとした甘さに、季節を問わず親子でハマっています。

スタッフ 松本

20180420003024e13.jpg

2018.04
10
たっぷり清美みかんゼリー

4月になっても、故郷からみかんをたくさん頂きます。
最近届いたのは清美みかん。
とってもジューシーで甘酸っぱく、本当においしいのです。
先日は、牛乳のプリンと清美みかんをたっぷり入れたゼリーの、2層のゼリーにしてみました。
家でおやつに食べるものなので、後で大きなスプーンでとりわけるようにホーローのタッパーに流し込みました。

冷やすのも温めるのにも向いているホーロー、うちではお菓子作りにも活躍しています。

これからまた、夏の果物が美味しい季節になりますね。
何を作ろうか、今から楽しみです。

スタッフ 松本

2018.03
30
お砂糖いろいろ

 私は焼き菓子が特に好きで、作る事もよくあります。
今までお菓子作りにはグラニュー糖やパウダーシュガーが主だったのですが、JHCに入ってからこんなにたくさんの種類のお砂糖があるんだなぁ〜と知る事になりました。
お砂糖の種類を変える事で、全く違った印象になることもあります。
上白糖を使えばしっとり。 パウダーシュガーを使えばサクっと。 黒糖を使えば濃厚な甘みに。 きび砂糖を使えば上品な甘みに。
などなど、、。
他にも、ブラウンシュガー(JHCにはブラウンシュガーとして使える、“素焚糖”という商品があります。)
やメープルシュガーといった外国のお砂糖を使うと、ちょっと個性的な印象になります。

まだまだお砂糖には色んな種類があります。
特徴や自分の好みを知って色々使い分けてみるとなかなか奥が深くて楽しいですよ。^^

色々なお砂糖を使ったお菓子のレシピはこちら

スタッフ 松本 

2018.03
19
凝固剤の季節

最近は暖かく、先週は初夏のような気候になった日もありました。
温かい紅茶やコーヒーと食べるおやつから、
ゼリーやプリンなどツルンと口溶けのよいひんやりおやつが欲しくなってきます。
先日は、ゼラチンを使ったココアプリンを作ってみました。

ゼリーや,卵の使わないプリンいうと凝固剤が必要不可欠ですが、凝固剤にも、寒天、アガー、ゼラチンなどたくさんあります。
今日は、これからの季節、使う機会が増えそうな凝固剤の特徴を少しご紹介します。
お好きな食感によって使い分けるのが良いのですが、
主な特徴として、
●寒天 ホロリとした歯ごたえのある食感の仕上がりになります。
   海藻から抽出しているのでとってもローカロリーです。

●ゼラチン 口溶けの良さは寒天、アガーと比べて1番です。ムース、マシュマロのようなフワっとした食感も作ることができます。

●アガー 1番透明感があります。フルーツなど色のきれいなものと合わせるととってもキレイです。
常温で溶けないので、夏場に持ち歩く際のおやつにしても向いています。

お好きなカップにいれてフルーツを乗せたり、型抜きにしてお皿に移して生クリームを絞ったり、サイコロ状にカットしたり、、。
凝固剤を使うと簡単おやつのバリエーションも広がります。

アワジヤのレシピにもひんやりおやつのレシピがたくさんございます。
ぜひお気軽にチャレンジしてみてくださいね。
→お菓子のレシピ

スタッフ 松本


2018.03
13
はじめてのクッキー作り

先月のバレンタインデーに、同い年のお友達の女の子からチョコレートを頂いた2歳の息子。
お返しは何がいいかな?
せっかくだから一緒に何かお菓子でも作ってみようかな?
という考えになり、クッキー作りにチャレンジしてみました。
、、とは言ってもやっぱり台所が悲惨な状態になってしまいそうだったので、^^; とりあえず初回は型抜きをお願いしてみました。
子供が型抜きしやすいように薄力粉を少し多めにいれて
しっかりとした生地にして、犬やハートやスプーンやフォークなど好きな型で抜いていってもらいましたが、楽しそうというよりもとっても真剣。
こんな事ができるようになったのかと、嬉しいようなちょっと寂しいような気持ちになりました。

これから少しずつ一緒にお菓子作りしていこうかなー、と楽しみが増えそうな予感です。

スタッフ 松本