2018.08
13
大下シェフのパン教室 8月

20180821222937541.jpeg

7月に開催予定の教室が、延期となって12日に開催。
フランスパンの最終回です。

、ピザストーンをしっかり焼きこんで、
家庭用オーブンで良い感じのフランスパンに仕上がりました!

ドーナツもふかふかで、食べると止まりません!

さて、次回のメニューは クリスマスに向けて、
イチゴのシュトーレンを予定。  楽しみです!

2018.07
04
6月、大下シェフのパン教室

201807061354180d9.jpeg

6月の大下シェフのパン教室。
今回は、カレーパンとドーナツ。
フランスパンです。

フランスパンはご家庭でもなかなか納得のいくパンが難しいパンの一つ。
先生のお店の生地(前日ごね)と、教室でこねたて発酵させたパンの
食べ比べをしていただきました。

比べるとわかる味の違い。 7月のこ講習会は8日。 
雨がやみますように。

2018.05
20
5月の大下シェフのパン教室

20180615002108a1e.jpeg

ちょっと写真が暗いのですが、5月の大下シェフのパン教室。

大下シェフのパン屋さんでも使われているカレーを使ったカレーパン。
と、フランスパン。  家庭用オーブンではなかなか難しいフランスパンに
挑戦していただきました!

6月もお楽しみに!

2017.04
13
大下シェフのパン教室

大下シェフのパン教室

4月9日 (日)大下先生の講習会でした。

「コッペパン」
「セーグル」

粉はスーパーカメリヤを使いました。

コッペパンの中種は先生があらかじめご用意してきて下さいました。

コッペパンはシンプルなものから、中には練乳といちごジャムを使ったクリーム、あんバター、練乳バターを挟んだものを作りました。

生地はそのままでパウンド型を使い、食パンもされたり、ベーグルのような輪っかの形で、中には丹波の黒豆を練り込んで作っていました。

セーグルはハードタイプのパンで、今回はライ麦の粉末を使いました。
中には、ドライクランベリー、クリームチーズを挟みました。
お好みで、ブルーチーズを入れたものも作っていました。

お客様には、どちらのパンも成形しました。

コッペパンに使った中種は、あらかじめ先生が前日に作って持って来て下さいました。
中種は、冷蔵庫からすぐ取り出して冷たいものよりかは、しばらく出しておいた方がいいとの事です。

スタッフ 蟻馬

2016.04
12
大下シェフのパン教室4月

大下先生2016-4

シンプルなパンをテーマに
ドライフルーツのフランスパン
食事パン 同じ生地で白パン・バターロール・食パンの三種類

フランスパンは オートリーズ法のフランスパン
フィリングは、コアントローに漬けた レーズン・クランベリー・オレンジピールです。


白パン・バターロール・食パン
白パンは、急遽練乳クリームを作ってくださいました。

とても懐かしい ホットする味です。

バターロールはシンプルな成型ですがとても難しいですね 
お客様は綺麗にできていてうらやましかったです・・・


次回は 9月11日(日)申し訳ございませんが、満席です。
キャンセル待ちをご希望の方は、 06-6633-5301まで
お電話くださいね。


スタッフ 藤川