2019.03
05
ピザストーン

3183_1.jpg

大下先生のパン教室で、たびたび登場するピザストーン。

せっかくなので、ハード系のパンを焼くときに使う使い方をご紹介しますね。

ご家庭のオーブンの天板の上、または網の上にのせて、
オーブンの最高温度で10~20分しっかり焼いて温め、その上に
2次発酵の終わった生地をのせ、 オーブン庫内に霧を吹く。
(電気オーブンの方で、庫内に霧を吹きたくないという方は、パン生地の上に吹きかけておく)

扉を閉めて、スタートを押さずに待つ。

しばらくすると、パンがしっかりと膨れ、クープを入れている場合はクープがしっかりと開いてくる。

それから、パンを焼く設定温度に合わせて焼く。

ピザストーンがしっかりと焼かれて高温になっているので、
一気にパン生地表面が焼かれて、中の水分を保ってくれるので、
外側がパリッと、内側がしっとりもちっとした生地に仕上がりやすいですよ!

是非、お持ちの方は、ピザだけでなく、パンにも使ってみてくださいね。