2014.10
29
栗の渋皮煮

こんにちは。ブログ担当のこうめっちです。

今日は先日ご紹介した栗の渋皮煮の続編。
レシピを教えてください~という
とっても嬉しいお声があったので、ご紹介します。

2014-11-1.jpg

栗  1kg(新しいもの)
砂糖 850g~1㎏
重層 大匙3

1、栗は、表面を洗い、熱湯をかけて鬼皮を柔らかくする。

2、渋皮を傷つけないように、鬼皮をむく。

3、栗がしっかりとかくれる様に水を入れ、重層大匙1を入れて弱火で30分
  コトコトと煮る。(アクはすくう)

4、火からおろし、鍋を蛇口の下においてそっと水を入れ、水を入れ替える。

5、水の中で、栗をそっとこすりながら渋皮の繊維を取る。

6、再度栗がかぶるぐらいの水と重層大匙1を入れて、沸騰させてから30分コトコト煮て
  4、5を繰り返す。
 (だんだんアクは少なくなってきますが、その都度取り除く方がおいしく仕上がります)

7、6をもう一度繰り返す。

8、鍋に栗と砂糖の1/3を入れ、栗が被るぐらいの水を入れ、その上にガーゼをかぶせ、
  火にかける。 沸騰させてから、弱火で約1時間ほど煮る。

9、8を人肌に冷ましてから、 砂糖の1/3を加え、
  沸騰させてから10分ほど弱火でコトコト煮る。
  (水が蒸発したら差し水して、栗が水からでないようにする。)

10、9をもう一度繰り返す。

11、一晩おいて味をなじませ保存容器に移す。

○栗1㎏に対して、砂糖1㎏で少し甘めです。
 砂糖は650gぐらいまで少なくできますが、保存できる期間が短くなります。
 850gで、ほんのり甘いぐらい。 (こうめっち的に。)

市販の栗の渋皮煮や、甘露煮の甘さを求められる場合は、
1㎏でも物足りないかもしれないですね。


○出来上がった栗を食べてみて、とっても固かった場合、
 栗が新しくなかった可能性があります。

こうめっちも頂いてしばらくしてから作った年は、かった~い渋皮煮になりました。

○長々と書きましたが、下処理で茹でる事を3回してから、
  仕上げ煮を3回します~。


文字ばかりのブログになってしまった・・・。

ところで、栗を煮ている間に上にかけていたガーゼ。
最後に取り出すと、ほんのりピンク色に染まっていて、栗の渋皮煮と同時に
草木染のようなことができてしまった。

来年はガーゼハンカチを染めるつもりで作ろうかな~。