2017.03
28
ハードパン

こんにちは。
久しぶりの投稿です。

ほんとに久々に、ハードパンを焼いたのでご紹介。
ゆっくりとした時間があれば、醗酵にも時間をかけられて、
時間がおいしくしてくれるパンが完成!

最近、お砂糖の入っていないハード系のパンがますます好きになってきたような
気がします。


2017-3-28.jpg

自然なイチジクとレーズンの甘味、クルミの香ばしさが
パン生地と一緒になっておいしい仕上がりになりました。


簡単なのでレシピもご紹介

フランスパン専用粉  500g
塩             10g 
サフ(ドライイースト)    4g
水            280g
コントレックス(硬水) 70g

ドライイチジク(1/4カットにしてひたひたの赤ワインにつけて、電子レンジで3分かけて冷ます) 130g
ウォールナッツ 160℃で10分ローストして、粗く刻んでおく。  100g
レーズン(熱湯に浸して柔らかくし、表面の水気を切っておく)  50g



1、フランスパン専用粉、塩、水、コントレックスを合わせてこねる。
  ひとまとまりになったら、生地の上にサフをふりかけておく。

2、サフが全体に混ざったら、ドライイチジク、ウォールナッツ、レーズンを混ぜて
  表面が滑らかになるまで生地をなんども折りたたむ。
  (こねてもOKですが、熟成時間が長いので、折りたたむようにして表面を滑らかにしてもOKです)


3、 20分休ませる→軽く空気を抜く。
   20分休ませる→軽く空気を抜く。
   60分休ませる→軽く空気を抜く。
   60分休ませる。

4、 場板の上に、手粉(強力粉)を振り、生地を取り出して、
   軽く空気を抜いて 4等分にして、5分休ませる。

5、 1つの生地を2等分して好みの形に成型する。
   (あまり触らずにそのまま切った形でもOKです)
   この時、レーズンやイチジクが生地の表面に出ていたら
   生地の裏から中のほうへ入れておく。

6、軽く霧吹きをかけて、28℃で、60分発酵させる。

7、粉をふりかけて、クープナイフで切れ目を入れてから表面に霧吹きでたっぷり水をかけ 
  230℃のオーブンで5分。
  180℃で15分焼く。


時間さえあれば、簡単にできるハードパン。
今からの季節なら、寒すぎず、暑すぎず、常温でゆっくりと醗酵できますよ~。