2018.03
19
凝固剤の季節

最近は暖かく、先週は初夏のような気候になった日もありました。
温かい紅茶やコーヒーと食べるおやつから、
ゼリーやプリンなどツルンと口溶けのよいひんやりおやつが欲しくなってきます。
先日は、ゼラチンを使ったココアプリンを作ってみました。

ゼリーや,卵の使わないプリンいうと凝固剤が必要不可欠ですが、凝固剤にも、寒天、アガー、ゼラチンなどたくさんあります。
今日は、これからの季節、使う機会が増えそうな凝固剤の特徴を少しご紹介します。
お好きな食感によって使い分けるのが良いのですが、
主な特徴として、
●寒天 ホロリとした歯ごたえのある食感の仕上がりになります。
   海藻から抽出しているのでとってもローカロリーです。

●ゼラチン 口溶けの良さは寒天、アガーと比べて1番です。ムース、マシュマロのようなフワっとした食感も作ることができます。

●アガー 1番透明感があります。フルーツなど色のきれいなものと合わせるととってもキレイです。
常温で溶けないので、夏場に持ち歩く際のおやつにしても向いています。

お好きなカップにいれてフルーツを乗せたり、型抜きにしてお皿に移して生クリームを絞ったり、サイコロ状にカットしたり、、。
凝固剤を使うと簡単おやつのバリエーションも広がります。

アワジヤのレシピにもひんやりおやつのレシピがたくさんございます。
ぜひお気軽にチャレンジしてみてくださいね。
→お菓子のレシピ

スタッフ 松本