2019.03
31
お店に新入荷!

20190331112959c21.jpeg   20190331112957315.jpeg

新しくナンバ店に入荷したキャンドルたち。
大人気のディズニーです!

そして、1/2(ハーフ)バースデー用も!

6か月のお祝いに是非!

2019.03
25
大下シェフのパン教室 3月

201903311130007eb.jpeg

2月に引き続き、3月のパン教室。

内容は同じでも、お話しいただく内容jは毎回新鮮で楽しい!講習会です。

先生はヴィッセル神戸のビジャ選手とお知り合いだそうですが、とっても人気の選手なんですね!

全く知らなかったので後から知ってびっくり。 あぁ、サッカーファンなら垂涎もの。。。

2019.03
20
リスドォルで餃子の皮

20190331114911e93.jpeg

手元にリスドォルがあったので、ギョーザの皮を作ってみました。
ちょっぴりもちもち感が強くなったけど、手作りの皮で作るギョーザはおいしいですね!

簡単なので、レシピだけご紹介。
中力粉 300g
塩 ひとつまみ
お湯(熱湯) 140g

ボールに中力粉に塩を入れて混ぜ、熱湯を入れて、ゴムベラなどで混ぜる。
ひとまとまりになれば、ボール内で少しコネ、15分冷蔵庫で休ませる。

さらに混ぜて表面がつややかになればオッケー。
さらに3時間ほど休ませてから細長く伸ばしてカットし、小さな円形に
伸ばして具を包む。

この材料で、焼く30個~40個分作れます。

もっちりとしたギョーザお楽しみくださいね!

2019.03
08
藤崎先生のパン教室 3月

20190308102151c5c.jpeg

2月はお休みさせていただきました、藤崎先生のパン教室。
1月と同じメニューですが、チョコ羊羹をすこし春らしい桜羊羹に変更。

寒い時期ならではの、クロワッサン生地を作っていただきました。
織り込む回数が増えるたび、伸ばしにくくなる生地。

でもみなさん、とっても上手に伸ばしていただきました~。。

是非この時期はクロワッサンやデニッシュ生地が作りやすいので
作ってみてくださいね。

2019.03
05
ピザストーン

3183_1.jpg

大下先生のパン教室で、たびたび登場するピザストーン。

せっかくなので、ハード系のパンを焼くときに使う使い方をご紹介しますね。

ご家庭のオーブンの天板の上、または網の上にのせて、
オーブンの最高温度で10~20分しっかり焼いて温め、その上に
2次発酵の終わった生地をのせ、 オーブン庫内に霧を吹く。
(電気オーブンの方で、庫内に霧を吹きたくないという方は、パン生地の上に吹きかけておく)

扉を閉めて、スタートを押さずに待つ。

しばらくすると、パンがしっかりと膨れ、クープを入れている場合はクープがしっかりと開いてくる。

それから、パンを焼く設定温度に合わせて焼く。

ピザストーンがしっかりと焼かれて高温になっているので、
一気にパン生地表面が焼かれて、中の水分を保ってくれるので、
外側がパリッと、内側がしっとりもちっとした生地に仕上がりやすいですよ!

是非、お持ちの方は、ピザだけでなく、パンにも使ってみてくださいね。